<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
8月に読んだ本
 
先月は6冊中、タルコフスキー映画の原作が2冊。
『ストーカー』(今となってはこのタイトルは変に感じる)は、なぜか絶版なのでボロボロの中古の文庫本を2350円かけて購入しちゃいましたが…。

8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1736ページ
ナイス数:27ナイス

ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)
なるほど、タイトルは『ストーカー』より『路傍のピクニック』のほうが好きだな。来訪者の残した痕跡(ゾーン)に群がる人間たちが、ピクニックの食べ残しに群がる虫たちなのか。その虫のような存在である人間の魂の叫びが印象的です。
読了日:08月31日 著者:アルカジイ・ストルガツキー,ボリス・ストルガツキー
虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7
科学・物理の色合いが薄くなって普通の推理ものに近くなってきた感があるのは気のせいか?せっかく久しぶりの短編なのだから、もっと片寄ったストーリーを期待する。しかし、面白さは相変わらず。
読了日:08月22日 著者:東野 圭吾
ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)
思った以上に著者レムのいいたいことが伝わってきづらいので、モヤモヤしながら読み進める。しかし、「不完全な神」の解釈など興味深い内容の連続。
読了日:08月20日 著者:スタニスワフ・レム
伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
『円環の廃墟』が大のお気に入り。荘子の世界観にも似てハッと唸らされる。しかし、それ以外はあまり愉しめず…。難解というか、頭にまったく入ってこず。
読了日:08月08日 著者:J.L. ボルヘス
宙ぶらん宙ぶらん
メジャーリーグのはなし『魔術師・ガラ』のありえない展開にびっくり…。乱暴で楽しい短編集でした。
読了日:08月08日 著者:伊集院 静
街場の文体論街場の文体論
「エクリチュール」とか「メタ・メッセージ」とか、読まずにはいられない興味深い内容ばかり!おまけに「ソウル(魂)」でノックアウト。
読了日:08月05日 著者:内田樹

2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by hi-g_blog | 2012-09-05 18:36 | 読書


Top

デザイン事務所ハイジーのブログです
by hi-g_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30