<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
7月に読んだ本
 
7月は直木賞・芥川賞の発表がありましたね。買って読んでない本がたまってきるんですが、我慢できずに芥川賞受賞作『冥土めぐり』購入。作家の個性を堪能できる一冊でした。

おしくも直木賞はとれなかった『楽園のカンヴァス』もルソーの絵を観に行きたくなる面白い作品。

7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1968ページ
ナイス数:31ナイス

冥土めぐり冥土めぐり
この筆力に引き込まれる。面白い。鹿島田さんの作品は初めてだが、これからもっと凄い作品を生み出してくれるんじゃないかと期待しちゃいます。
読了日:07月31日 著者:鹿島田 真希
飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)
なんか、こういう清らかな物語を読んだのは本当に久しぶりのような気がする。幾人かの素晴らしい大人がでてくるのがいい。
読了日:07月22日 著者:ケストナー
経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか (平凡社ライブラリー)経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか (平凡社ライブラリー)
このまま進むと地球環境がもたないと皆わかっている、わかっていながらも経済成長は肯定する。まさしくジョージ・オーウェルの二重思考。また、自国の軍隊が一番殺しているが自国民との事実も恐ろしい。歴史・政治がここまで研究されていながら、理想の姿に変えられない人間の力にあらためて愕然とする一冊。
読了日:07月18日 著者:C.ダグラス ラミス
楽園のカンヴァス楽園のカンヴァス
アンリ・ルソーへの愛が伝わってくる、たまらない作品。MoMAに行きたくなる!NYは無理でもとりあえず大原美術館に行ってこようかな?
読了日:07月14日 著者:原田 マハ
決して逃げなかった男たちの教え 戦国策伝決して逃げなかった男たちの教え 戦国策伝
この本は著者の亡き朋友にささげるとのこと。そのエピソードが載ったあとがきが泣ける。それにしても戦国策はおもしろい。中国の長い歴史の中でも興味深いエピソードに事欠かない特別な時代ですね。
読了日:07月13日 著者:山口謠司(やまぐち・ようじ)
サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3
あいかわらず肩の力がぬけまくり。最後の付け足し「今週の村上」まで含めてヌケ具合が完璧。村上春樹×大橋歩×葛西薫の超大物ばかりでここまでゆるい本をつくっているというのが気にかかってます。面白いなあ。
読了日:07月11日 著者:村上 春樹
まぶた (新潮文庫)まぶた (新潮文庫)
気持ち悪いほうにベクトルが振られすぎじゃないかと心配になる短編集。ホラーか?と思ってしまうほど。まぶたを切り取られたハムスターや、不気味に光る野菜、背泳ぎのカタチのまま腕がおりなくなった少年。一番恐ろしかったのは、排水溝に長い間詰まっていた人参を鍋にいれる料理教室のおばさん先生…。
読了日:07月07日 著者:小川 洋子
沈黙博物館 (ちくま文庫)沈黙博物館 (ちくま文庫)
小川ワールド全開でこれもまた面白い作品。問題は読む側がどう消化するかだ。なぜ乳首?シロイワバイソンって? 読みやすさに反比例して突っ込みたくなる要素が満載。しかも終盤はミステリーっぽくも読めてしまうものだから大変。もちろん謎ときはないので、このモヤモヤ感を楽しむのが正解か。
読了日:07月05日 著者:小川 洋子

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by hi-g_blog | 2012-08-01 18:29 | 読書


Top

デザイン事務所ハイジーのブログです
by hi-g_blog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31