<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
哲学小説

『存在の耐えられない軽さ』/クンデラ

この本の持つ神経質で難解そうな印象に反して、のっけから引きこまれた。

なにしろ、書き出しがこんな感じ。
「永遠の回帰というのは謎めいた思想だから、
ニーチェはこの思想によって多くの哲学者を困惑させた。」


他にも、
「カントの言葉では、正しく発音される“こんにちは”でさえ、
なにかしら形而上学的な命題ににてくることがある。
ドイツ語は重い言葉なのだ。」


などなど、読んでいくと、恋愛小説というよりは、完全に哲学小説ではないですか。かなり好みです。


この作品は比喩表現が多い。恥ずかしげもなく次から次へとこってりした比喩表現が続く。普通ならベタすぎていいかげんにしてくれ、といいたくなるところだが、多くの表現があまりに見事で唸ってしまう。
見事すぎてついついiPhone片手にメモをとりながら読んでました。「ニーチェはデカルトに代わってやってきて、馬に許しを乞うたのだ(p335)なんて発想がどこから来るのか?クンデラの実力に感服するばかりです。

哲学の一般的な解釈・イメージをうまく使用しながらも、この作品独自のテーマをうまく表現している。もちろん、説明しすぎてない。謎の部分も多く、時代や場所は章によって適当に移り変わり、前後するのでついていきづらい。
そのへんも魅力のひとつなんでしょう。

この小説は、好き嫌いがはっきり分かれるでしょうが、哲学のほか「プラハの春」「ベートーベン」「アンナ・カレーニナ」といったキーワードに興味を覚える方にはオススメです。

d0251177_1816115.jpg
↑「池澤夏樹 世界文学全集」のものを読みました。このシリーズの装丁は美しい。

この作品は1987年に映画化され話題になっていたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-19 19:04 | 読書
Mac作業デー
d0251177_186325.jpg
今日は相方デザイナーがプレゼンで出張。しかも、昨日までで撮影や打ち合わせが一段落ついたので、今日はもくもくとMac作業デー。

まずは午前中に入稿準備。データをDVDに焼く作業がうまくいかずDVD数枚を無駄にする…。以前からよくあったのですが、インデザインのパッケージ時に収集される英字フォントが原因。特定のフォントだけ外すとうまくいくのですが。

午後からは、先日撮影したデータの加工作業。これをやってると時間が過ぎるのがあっという間ですが、まだまだ頑張ります。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-14 18:23 | 仕事の周辺
なつかしい名コピー
 
『日本のコピー ベスト500』を読みました。

仲畑さんが、「記憶のコピーを探しやすいよう、いいコピーだけ一冊にまとめてほしい」との一言から生まれたとのこと。

ぼくがデザイナーになりたての頃、一人前になろうと年鑑をいろいろめくって見た広告のコピーのオンパレード。これだけの数の名コピーをまとめて見せられると、じんときちゃいます。

まるで深夜にサンテレビなんかでやってる80's洋楽のコンピレーションCDの通販コマーシャルをみているような感覚。

80年代の音楽なら日常的にラジオなんかで聴く機会が多いので懐かしさも薄らぐのですが、ちょっと忘れていたコピーを久しぶりに読んだ感覚はまた別格。2つほど挙げてみます。

「紙クズはもう一泊します。」/帝国ホテル

お客さまがうっかり捨ててしまった大事なメモなどがあった場合、チェックアウト後でも探せるよう1日捨てずに置いておくというホテルのサービスを訴求したもの。このコピー、好きだったのですが、ビジュアルがどんなものだっかた忘れてしまいました。どんなのでした? 後で昔の年鑑めくってみます。


「遊んでくれてありがとう。ボクは石油にもどります。」/東芝

これはビジュアルもインパクトあるので覚えている人も多いのではないでしょうか?プラスチックを石油に戻す技術の広告ですが、キューピー人形がこっちみてバイバイ(してるようにみえる)しながら溶けていってるイメージの可愛くてコワイ写真でした。映画ターミネーター2のラストでシュワちゃんが自らを溶かしていったのを彷彿とさせますよね。

d0251177_1303124.jpg

上位10作は順位がついてます。こうのって楽しいですよね。「なんで、コレがはいってないんや」とか勝手なこといいながら見られます。
(個人的には『プール冷えてます』がもっと上位でもいいのでは?と思ったのですが)
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-10 13:42 | 仕事の周辺
重陽
 
今日は9月9日。重陽でした。
陰陽説で「陽」とされる奇数一桁の中で一番大きい9が重なった日なわけですが、なぜ奇数が「陽」で偶数が「陰」なんでしょう?いまひとつイメージつきません。

d0251177_18344123.jpg

しかし、重陽の節句はマイナーですね。菊の花を浮かべた酒を飲むらしいですが、ぼくのまわりにはそんなことしてる人はいません。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-09 19:19 | その他
秋がやってくると
 
まってました、秋。
日中はまだちょっと暑いですが、仕事で打ち合わせに向かう時にジャケットを羽織れるようになりました。もうちょっとです。夏が完全に去ってくれたらやりたいことがいくつかあります。

ベランダや公園で本を読む。自転車で遠乗り。温泉。アウトドア料理。… これらは炎天下でやっても苦痛なだけですからね。
 
d0251177_1939930.jpg

秋がくると、なぜか頭の中でぐるぐると流れる曲があります。『HARVEST FOR THE WORLD』(パワーステーションバージョン)。高校時代気に入ってよく聴いてましたが、秋だったんでしょうね。25、6年たっても消えないので、かなりしっかりすり込まれているようです。

ちなみに夏にクーラーなしで残業して汗ばんでくるとマディ・ウォーターズの『 I Just Want To Make Love To You』が勝手に流れてきます(汗)。オーディオいらずです。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-08 20:09 | その他
論語ブーム?
 
最近、論語ブームといわれているようで、じっさい論語関連の書籍や雑誌の特集が多いように感じます。今朝は雑誌「日経おとなのOFF」の特集が「論語入門」だったのでついつい買ってしまいました。

この特集でも触れられてましたが、論語が出典となった言葉が数多くあります。啓発、学習、温故知新、切磋琢磨、不惑、知命…などなど、挙げていけばキリがないくらいいろいろあるわけですが、社名に論語の言葉を使ったものも多い。

一番有名なものは辞書や教科書で有名な『三省堂』でしょう。「われ、日にわが身を三省す」。ちょっと反省しすぎやろうと少しツッコミたくもなりますが、ホントにいい社名だと思います。憧れます。うちの事務所名もカタカナではなく、論語や荘子などから拝借した漢字の事務所名にすればよかったと時々思うのです。

d0251177_17442090.jpg

ブームは論語だけではなく古典全般ともいわれ、『ニーチェの言葉』以来、ニーチェ関連本もよくでてるし、マイケル・サンデルのおかげで哲学ブームとも聞きます。このブームが継続して、質の高いいい本がいっぱい世にでてくることをのぞみます。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-06 17:58 | 読書
期待したいパスポート新書体
 
モリサワパスポートのアップグレードキットが届いた。
今日の時点でまだインストールできてないのですが、書体見本を見ながら品定めしていました。

今回の新書体ラインナップはちょっと地味めかなと、思いつつめくってましたが、そんなことはありません。『ヒラギノ角ゴ オールド』、こういうタイプはパスポートになかったのでありがたい。表情のあるゴシックでありながら、バランスもそこそことれていている。もっと早くパスポートに入れてほしかったですね。

それからなんといっても、今回からタイプバンクフォントが加わることになっていたのを忘れてました。『タイプバンクUDゴシック』はかなり出番が多くなりそうな印象。今までのモリサワのユニバーサルデザインフォントはどうも使いづらかった。最初は慣れないせいかと思ってたのですが、期間がたってもやはり、クセのある大味なラインがやっぱり気になる。その点『タイプバンクUDゴシック』は、見ていて気持ちいい。カタログ系のしっかりした文字組にも使いやすそうです。
 
d0251177_1711464.jpg

さっそく、制作途中のものや、これからはじまる案件にも検討してみるつもりです。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-05 17:19 | 仕事の周辺
8月に読んだ本
 
7月と同様に、8月に読んだ本の読書メーターでのまとめ。

7月は小説を一冊も読んでなかったが8月は一転して小説が中心。特にアゴタ・クリストフ。亡くなられたのを機に代表作を一気に読んだのですが、『悪童日記』からの三部作と自伝の流れは衝撃的で、ぼくにとって特別な作家になりました。

続きを読む
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-02 16:06 | 読書
美容院プロジェクト03 ロゴ案作成

昨日02からの続き〉

手描き文字といっても、筆文字なんかにしてしまうと美容院というより居酒屋っぽいロゴになってしまうので、ここは普段愛用している万年筆(コドモ用だが安くてデザインがいい)の出番。

コピー用紙やスケッチブックなんかに、万年筆でひたすら“爽”の字を書いていきます。大人の女性が経営する店なので可愛くなりすぎないように気をつけますが、あとは、ただただ直感で。

d0251177_173913.jpg

次にセレクトしたものを400%で拡大コピー。切り貼りなどで調整したものをスキャンしてMacに取り込みイラストレーターでトレースします。今度は画面上で、あ~でもない、こ~でもないと言いながら調整です。

一段落したら、いったんこれで数日寝かす。

数日後、別案の手書きにチャレンジ。追加案をつくる。念のため、手描き以外のグラフィカルなパターンも探ってみたり、年鑑をみたりしながら方向性を自分の中で決定する。
d0251177_1811649.jpg
d0251177_1741264.jpg

字源辞典で調べて得た自分の解釈に近いものにし、朱の文身(いれずみ)だったバツ部分に色をつけたのもポイント。
この色を朱色ではなく美容院がオープンする室戸(高知県)の海をイメージしたブルーにする案も同時に提案しました。

これらの案はオーナーにも大変気に入っていただき、現在寝かし中。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-09-01 18:47 | 美容院プロジェクト


Top

デザイン事務所ハイジーのブログです
by hi-g_blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30