<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
美容院プロジェクト02 店の名前
 
美容院プロジェクトは、オーナーとこれからやらなければいけないことなど話しあいながら、徐々にスタートしています。

美容院の名前は以前からオーナーが暖められていた『爽(さわ)』。

アイスの「爽」や「爽健美茶」でなじみのある漢字ですが、“さわやか”という反面、バツがいっぱい並ぶなんだか穏やかならぬ見た目でもあります。

漢字が素材となる場合、ぼくが必ず利用するのが白川静先生の字源辞典『字統』。これで漢字の成り立ちや、そこにこめられた本当の意味を調べます。

d0251177_16545242.jpg

会意。異なる字が会うことで意味をなす漢字。この爽の場合は「大」と「り(バツ4個の部分)」。「大」は人で、「り(バツ4個の部分)」は胸の左右にいれる朱の文身(いれずみ)の模様。婦人の死葬のときに邪霊を防ぐため文身を加えたらしい。
やはり、見た目の印象通りお気楽な文字ではないようです。

d0251177_16552225.jpg

ただし、朱の文身の美しさを表わしているようでもあり、「り(バツ4個の部分)」の字形は窓であり、そこから日光がさしこむ昧爽(朝)の爽の意味がでてきたようです。白川先生の文章は難解なので明確にわからない部分もあるので、私見なのですが、からだの窓を通じて死者との交わりを保とうとしたとも感じます。“大切に慈しみ、美しく飾る”ことと“コミュニケーション”を表わすので、ある意味美容院らしい文字ではないかと思うのです。

そこで、ロゴをどうするか? 爽を使ったロゴは世の中にいろいろありますが、明朝体をベースにしたようなものは、かたいし面白みにかける。爽のもつラインやバツをポイントにグラフィカルにデザインしていくパターンも悪くはありませんが、どうもしっくりきません。

あまり迷うことなく、ほぼ直感的に、手描き文字でいきたいという答えがでてきます。そのほうがオーナー(女性)の持つ暖かい人柄にあうのと同時に、この漢字の意味からくるシリアスさ・緊張感も表現できる気がします。(次回につづく)
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-31 17:08 | 美容院プロジェクト
映画の予習
 
『ツリー・オブ・ライフ』は、今まで見た中で最も衝撃を受けた映画になった。

映画の冒頭で旧約聖書『ヨブ記』が引用されているとのことだったので、事前に『ヨブ記』を読んでから、この作品に挑みました。そう、この映画は予習が必須の映画なのです。

神を信仰することに疑問をもったヨブにたいして神が語った言葉、38章の4節「私が大地をすえたとき、おまえはどこにいたのか?」。つまり、“神が天地を創造したとき人間は存在さえしてなかった、神はそれぐらい偉いんだ”という神の傲慢な台詞。最低限このスタートラインをおさえておかないと、この後でてくる地球誕生の映像にも違和感を感じることになります。賛否両論あるこの映画の評価で、“わけがわからん”としているものの多くがこの理由によるもののように思えます。

そして、これは映画というより哲学。カンヌをとったからといって気軽な気持ちで映画館にいくととんでもないことになる。監督テレンス・マリックによる哲学するための素材、と考えれば全て納得がいくと思う。
どうしても映画として楽しみたいという方は映像に注目。映画評で“映像が素晴らしい”といっても当たり前すぎて伝わらないが、あきらかに他の映画とは違う。やはり通常ではない手法で撮影しているようです。内容についていけなくとも、この映像を映画館で体験するだけでもお金を払う価値ありです。

しかし、大物俳優が出演して賞もとった映画なのに映画館はガラガラでした。寝てしまう人も続出してるようなので、けっして疲れている時にいかないでください(笑)。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-30 19:05 | 映画
美容院プロジェクト
 
来年、高知県にオープンする美容院のビジュアルデザイン一式を担当させていただくことになりました。

ロゴ、名刺、会員カード、案内状などの印刷物から看板、インテリアまで提案させていただく予定です。店内でながす音楽の選曲までご相談いただいてるので、それが一番やりがいあったりしますが…(笑)。

企業の広告やSP物のお仕事の場合は、機密保持の必要上ブログで仕事の詳細を書くことはもちろん無理ですが、このプロジェクトは別。オーナーさんもご了承済みなので、ここで随時仕事の経過をご紹介していきたいと思います。

オーナーの“地元を活性化させよう、盛り上げよう!”との想いに応えられる、いいデザインができるように頑張ります。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-26 20:00 | 美容院プロジェクト
岩波文庫、克服へ。

なぜ、こうまで読みづらいのか、岩波文庫。字が小さいのはまだ許せるとしても、読めない漢字を使いすぎ。そして翻訳も古くてわかりづらい。デザインも“媚び”が一切ないので一般人を寄せつけない。

過去にうっかり岩波版で買ってしまい、数ページ読んだだけで無理だと判断し、他の出版社で新しく買いなおしたこと数回。もう何ヶ月も積ん読状態の岩波が数冊…。そう、岩波文庫は、ぼくの天敵なのです。

先日『ヨブ記』(旧約聖書の中のひとつ)を読んでみたくなり、書店の宗教コーナーにいったのですが、ヨブ記単独の本は3千円近くするではないですか。岩波文庫なら660円なので渋々購入。途中とばしながら大半意味不明でもなんとか読んだのですが、『ヨブ記』は薄いんです。注釈・解説をどけると160Pくらい。「そうか、薄い本なら岩波でも読めるかも」と、岩波コーナーで背が極端に薄い2冊をセレクト。

一冊は、読みやすいだろうと思いショウペンハウエルの『読書について』。そして、マルクスをひとつ読んでおきたかったので『共産党宣言』(「資本論」はぶ厚くて読む気しないですからね…)。この2冊を読むことができたら、自宅で積ん読状態の岩波文庫も読んでみるつもりです。

「これが岩波か、ならばもう一度」(ニーチェ風)…。あえて苦手なことにプチチャレンジ。これをこの晩夏のテーマにします。
d0251177_1712351.jpg
岩波文庫をすらすらと読む人、尊敬しますよ、ほんとに。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-25 17:33 | 読書
スポーツ中継

先週末から待望の『ブエルタ・ア・エスパーニャ』が始まった。「ツール・ド・フランス」と並ぶスペインのサイクルロードレースである。しかし、いまひとつのめり込めない。その大きな理由はテレビ放送の画質。あきらかに汚い。細部がくっきりしてないので本来美しいはずの色とりどりのロードバイクが密集した画像が美しくない。日によっては、画面全体のチューニング(?)が思いっきり黄色かったりして、ある意味スペインらしいのですが、スペインの映像ってこれがあたりまえなのか?

その反対に7月にあった『ツール・ド・フランス』の放送は本当に美しかった。方式なのか機器のせいなのか画像がくっきり綺麗なのはもちろん、芸術の国、映画の国といったイメージのまま、映像の見せ方が素晴らしい。道や風景にあわせてカメラアングルにこってみたり、ヘリコプターからの映像も単に俯瞰から撮るだけでなく、構図やパーンがほんど映画並みのかっこよさ。
空撮で古い教会をゆっくりとらえたあとカメラを振り、緑につつまれた渓谷に近づきながらそこに架かった橋にズームアップ、すると自転車の集団が走ってくる…。そんな映像で見てる人を飽きさせません。

スポーツ中継で過剰な演出は論外でしょうが、やっぱりスポーツは美しいもの。その美しさをしっかり捉えた放送がみたいものです。今週末からは毎回楽しみにしている『世界陸上』が始まるのでおおいに期待しています。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-24 19:49 | その他
季節のプチ目標

ここ2、3日はちょっと涼しくなってきました。このまま夏が終わってくれればいいですね。この夏はなぜかプール中毒になり、休日のたびに近くの市民プールに通ってました。7月の終わりにこの本を読んで以来のクロールで1キロ泳ぐ目標だったのですが、先日けっこうあっさり達成!ぼくの夏はもう終わりました。すごく達成感があります。たったこれだけのことですが“今年の夏は充実してたな〜”と(笑)。さして得意じゃないことに取り組む気持ちよさを知りました。

それより次です。
秋の目標は、自転車で淡路島一周(通称アワイチ)か琵琶湖一周(通称ビワイチ)、どっちにしようか迷い中。淡路島は150キロくらいですが、起伏がけっこうあるんです。琵琶湖ならほぼ平坦で楽そうですが、完全に一周すると220キロくらいととんでもない距離になるので琵琶湖より北を一周(150キロくらい)が狙い目か…。それくらいならなんとか大丈夫だと思うのですが、なにせこの夏は暑くてほとんど走ってないのでまずはリハビリです。

それから、ピアノ。
40代のおっさん初心者が練習する姿は痛々しいものがありますが、レパートリーが「imagine」一曲だけなので、もうひとつ「いつか王子様が」をマスターするつもり。しかし、年齢いってから練習する楽器ってほんとにおぼえられないですね。楽譜がパッとよめないうえに音感もないので情けないくらいに弾けません…。

あと、料理もちびちびと。
料理はレシピ本の通りにつくることが多いので、自分流のレシピでどんどん作れるようになりたいものですが…。今週の料理はこれ、『ツナマヨクリームスパゲティ』。ツナ、マヨ、生クリーム、玉葱なんかをまぜるだけなので簡単!時間のないとき、やる気のないときにいかがですか?

d0251177_16133492.jpg

 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-22 16:35 | その他
ついに到着!

「CAMERA magazine」の東日本震災支援誌上チャリティで購入していた、オリジナルプリントがついに届きました!ちょっと興奮しています。これはすごいですよ。

写真は「CAMERA magazine」の表紙にもなっていた田中長徳さんのモノクロの銀塩プリント『Manhattan Lower East Side MARCH 2011』。憧れのレンズ「スーパーアンギュロン」で撮影されています。うっとりする見事なプリントです。

今さら、写真をデジタルとアナログで論じてやっぱりアナログが最高、などというつもりは毛頭ないのですが、素晴らしい銀塩プリントを見ると、やっぱりうなってしまいます。うまく説明できないのですが、この感覚だけは写真を見る自分の尺度としてずっと持っておきたい感覚なのです。

d0251177_17401310.jpg

この誌上チャリティでは、他にも人気のある写真家の方々が参加されており、各々の本気度が伝わってくる素晴らしい企画でした。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-18 19:37 | 写真
安野光雅美術館

昨日で夏休みも終わり、本日より業務再開です。
よろしくお願いします!

この夏休みに津和野にある、画家・絵本作家の安野光雅さんの美術館に行ってきました。『史記と日本人』『三國志逍遙』を読んで以来ずっといってみたかったのです。

d0251177_1336541.jpgぼくが見たかったシリーズのものは、残念ながら現在は展示されてなかったのですが、プラネタリウムがあったり、古い教室を再現していたり、美術館全体が小学校の先生だった安野さんらしい雰囲気に包まれていていました。

d0251177_13354327.jpg特に“天動説”がひとつのキーワードとなったプラネタリウムは必見。
科学と芸術の共通点。自ら考えるチカラの大切さがテーマとなってます。

圧巻は安野さんの著作が大量にあるミュージアムショップ。数学・歴史・科学の世界がてんこ盛りで本好きにはたまりません! その中でも気になったのは、数学者・森毅との共著『3びきのこぶた』。誰もが知ってる童話もこの2人にかかると一風変わった数学書になってしまうというわけです。ぼくにとっての安野さんは、入口が史記や三國志だっただけに、“歴史の風景を描く人”というイメージが強かったのですが、いい意味で裏切られました。

津和野は二度目でしたが、今回は時間がなくて、この美術館のみ。森鴎外(一冊も読んだことない…)や西周(philosophyを哲学と翻訳した人)も津和野の人なので、またきてゆかりの地をゆっくりまわりたいものです。
 
[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-17 14:08 | 芸術
万願寺

「万願寺とうがらし」。最近、スーパーで見かけるとついつい買ってしまうのですが、その大きな原因はネーミングです。たんに「とうがらし」だけだと、そんなに食べたいと思わないのですが、そこに「万願寺」という、京野菜らしい名がつくと、とたんにそそられまませんか?

万願寺は舞鶴にある地名とのことですが、字面といい音感といい、なんとなく由緒正しい感じがします。もしこれが万願寺ではなく「山田」とか「田中」だったらどうでしょう?「山田とうがらし」「田中どうがらし」…。 う~ん、イマイチそそられない。(世の中の山田さん・田中さんにケンカをうってるわけはありません、念のため)

しかし万願寺は、いかにも京野菜らしい名前なのに、「カリフォルニア・ワンダー」というピーマンが交配されたハーフらしいですね。そういう知識をもってから食べると、けっこうピーマンっぽい味を感じます(笑)。
勝手に純粋な日本の野菜だと思い込んでいましたが、ネーミングの雰囲気からくるイメージって重要です。


ここで万願寺とうがらしを使った簡単レシピをひとつ!

〈材料〉
・万願寺とうがらし 1パック
・じゃこ 適量
・かつおぶし 適量
・日本酒 みりん 醤油 全部適量

1.「万願寺とうがらし」は乱切りに。種はとらなくてもそのままでOK。
2. 強めの中火でさっと炒める。
3. そこに「じゃこ」を入れて火を少し弱める。(焦げやすいので…)
4.「日本酒、みりん、醤油」をテキトー(少しでいいですよ)に入れる。
5.「万願寺」の名にふさわしい、いいかんじの器にいれて
 「かつおぶし」をたっぷりかけたら完成。

ごはんにぶっかけて食べてもうまいですよ。
d0251177_15332026.jpg

[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-08 15:47 | 料理
オン・ザ・ロード
 
森山大道写真展『オン・ザ・ロード』を見てきました。
いや、やっぱりかっこいいですね。男なら誰でも憧れる(?)写真。毎度のことながらこれを見たあとは、ヤクザ映画を見たあとに肩で風を切って歩いてしまうように、森山大道氏になりきり広角小型カメラで粒子の粗いモノクロ写真を撮りに行きたくなります。

一番気に入った写真は、今回の公式カタログの表紙にも使われている『東名高速』。高速道路のトンネル内で走行中の車内から撮ったもので、お得意の“フィルム現像時の増感”で粒子が強調されたかっこいい写真。まさに写真展のタイトル『オン・ザ・ロード』とはイメージぴったりなんですが、この組み合わせでは、同じ「オン・ザ・ロード」でも疾走感あふれるケルアックの小説を連想してしまうのですが…。

d0251177_19272975.jpg

[PR]
by hi-g_blog | 2011-08-05 19:58 | 写真


Top

デザイン事務所ハイジーのブログです
by hi-g_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31